読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のまにまに

おんがくや好きなことについて、のんびりと。

初めての音は、恋に落ちる音でした。 #vocanote

 あなたは「メルト」という曲を知っていますか?

 ryoさんの代表曲であるこの曲は、私にとっての初めての音――生まれて初めて聴いた初音ミク使用楽曲です。 当時高校生だった私は、「初音ミク」という存在を知らずにこの曲に出会いました。きっかけは、学校の帰り道、好きな曲の話になって、友達から教えてもらったのがメルトでした。

 家に帰って、早速検索検索。当時はニコニコ動画の存在も知らなかったので、YouTube初音ミクに出会いました。 最初に聴いたときは、その歌声に心惹かれました。

 何だろう、この声。高音が真っすぐ出て、不思議な声。どんな女の子が歌ってるんだろう?

 調べてみると、人ではなく音声合成ソフトのVOCALOID初音ミク」が歌っていることがわかりました。

 しかも、メルトはアマチュアの人が作った曲であることも知りました。

 いつか機械が歌う時代が来るだろうと思っていたら、もうすでに来ていたこと、プロでなくても素敵な作品を作る人がいること。この二つの事実に、衝撃を受けたことを今でも忘れることができません。

 メルトをきっかけに、ちょっと不思議な歌声を持つ初音ミクの作品をもっと聴きたい、趣味で作られた作品をもっと知りたいと私は作品を探し、聴き漁るようになる後の話。

 ここからは、メルトのお気に入りポイントを紹介しちゃいます。

メルトのお気に入りポイント

その1 真っすぐな歌詞

 メルトは聴いている側が恥ずかしくなるほど、真っすぐに恋する女の子が描かれています。

朝目が覚めて真っ先に思い浮かぶのは君のことだし、前髪を切ったのは話しかけてほしいだし、君と半分この傘は嬉しすぎて息が詰まってしんでしまいそうになる。

だって君のことが好きだから

君のことが好きな気持ちが溢れて、キラキラしてる女の子の様子が目に浮かびます。

その2 真っすぐな歌声

“恋に落ちる音がした”と歌詞にありますが、私はこの作品で初音ミクの声に恋をしました。メルトは最初は音が低く、サビになると高くなります。音域が広い人でないと歌いにくい曲です。それを初音ミクは、軽々と真っすぐ歌っていました。羨ましいなと思うのと同時に、伸びやかに高音に惹かれました。

メルトは、お気に入りポイントその1の真っすぐな歌詞と相まって、私の心を虜にしてしまいましたとさ。

おまけ:メルトを聴き比べてみよう

メルトは、実はいろいろなverがあります。まず、ニコニコ動画に投稿されているver 次に200万再生記念の「2M MIX」 300万再生記念の「3M MIX」 アルバム『supercell』に収録されているver

どれもそれぞれのよさがあるので、聴き比べてみて下さいね。

※「2M MIX」「3M MIX」は動画の投稿文のリンクからDLできます